ご両親に知っておいてほしいこと

むし歯を防ぐために、ご両親に気をつけていただきたいこと

小さいお子様の歯磨きはとても大変ですよね。

歯科医師でも自分の子供の歯磨きには苦戦しますので、皆さん大変だと思います。

ですので、どうしても歯磨きが不十分になってしまうことがあります。ただ、歯磨きが徹底できてなくても、3歳以下のお子様にはほとんどむし歯がありません。

しかし、中にはむし歯ができしまうお子様もいらっしゃいます。しかも、その場合非常に大きなむし歯になっていることがあります。

なぜそのような差が出てしまうのでしょうか?その理由は、大きく3つあります。

1. 寝る前に甘いものを食べている

むし歯を早い時期に作ってしまうお子様にほぼ間違いなく共通しているのが、『甘いものが大好き』ということです。

そして、食べ方に大きな特徴があります。

それは、夜寝る前に甘いものを食べたり、またひどい場合には寝ながら甘いものを食べていたりしているということです。。

これは、間違いなくむし歯を作る原因となります。もちろん、甘いものを全く食べさせないというのは、難しいですよね。

ですので、夕ご飯の後にはお菓子など食べないようにする、寝る前には必ず歯を磨くといったことを徹底することが大切です。

また、寝る前の水ならば大丈夫ですが、ジュースも同様にむし歯の原因となります。

飲んだり食べたりしないと、どうしても寝付かない時には、何か食べるにしても甘くないもの(糖分を含まないもの)にしたほうがよいでしょう。

その後もう一度歯を磨くのが理想ですが、最低限水かお茶を飲んだり、うがいだけでもしたほうが良いでしょう。

2. おやつの時間が長い

おやつを食べるにあたり、もう1つ気をつけて頂きたいことがあります。それは、食べる時間を短くするということです。

人の口の中は、普段は中性に近い状態に保たれていますが、食べ物が口の中に入ると酸性になります。そして、しばらく時間がたつと中性に戻っていきます。

むし歯とういのは、歯が酸によって溶かされる病気です。つまり、口の中が酸性のときに進行しやすくなるのです。

そのために、長い時間をかけておやつを食べていたり、飴をずっと舐めていたりということが続くと、口の中が酸性の時間が長くなってしまいます。

むし歯を避けるためには、おやつの時間を約束する、好きな時に食べさせないようにするといった工夫が大切です。

3. 親のお口をきれいに保つ

むし歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんには存在しません。なぜむし歯菌が生まれてくるのかというと、他人から移されるのです。

3歳までにむし歯菌が移されなければ、その子にはむし歯菌が移らないとされていますが、ほとんどの場合、ご両親から子供にむし歯菌が移されます

よく、むし歯菌を移さないために、口づけをしないとか、箸やスプーンなどを共有しないとか、口移しで食べさせないとか、いろんな工夫をされている方がいます。

しかし、むし歯菌の感染はちょっとしたことで起こります。食べ物を冷ましてあげるために、フーフーするだけで移ってしまいます。

このように、接触しないで感染を防ぐという方法は、大変難しいばかりか、大切な赤ちゃんとのスキンシップを奪ってしまうことになります。

ですので、ご両親に徹底していただきたいことは、ご自身のお口のケアを行ない、ご自身のむし歯菌を減らしておくということです。

ご両親のお口のケアは、ご家庭での歯磨きに加え、歯科医院での定期的なお手入れが大切です。お子様の健康のために、まずはできるところから始めて下さい。

PageTOP

スタッフ紹介

女性の先生も在籍!

わくわくメンバー紹介

初めてのお子様へ

治療の流れをご案内します。

楽しい歯医者の秘密

親子で楽しく、安心して通っていただくための取り組みをご紹介します!

まつの歯科