当院のむし歯治療の特徴とこだわり

まずは、じっくりトレーニングから行う目的は?

当院では、時間がかかっても、お子様と楽しい雰囲気で治療ができるようにコミュニケーションを取ったり、トレーニングから治療を始めることがほとんどです。

これには、歯を守るための大切な目的があります。

悪化してしまう可能性が高くなる?

治療の時、お子様は恐怖心から暴れてしまうことが少なくありません。そのために、正確な治療ができない可能性が高くなります。

正確な治療ができないと、やがて再び悪化してしまう可能性が高くなってしまいます。しかも、その時には、もっと痛い思いをしなくてはいけなくなったりします。

また、詰めたものがすぐはずれたり、むし歯が大きくなってしまったりします。つまり、全く削っていない状態とほとんど同じなのです。

トラウマを残してしまう治療方法

また、乳歯は永久歯と比べてむし歯の進行が速く、歯が小さいために歯の中にある神経への距離も短いので神経まで到達してしまうことが多いのです。そのため、永久歯よりも痛みを伴う可能性が高くなってしまいます。

このような理由で、お子様の場合、再び悪くならないような治療を行うためには、治療中おとなしくしてもらうか、完全に拘束状態にするしかありません。

これまでの歯科業界の場合には、無理やり押さえつけて治療を行うことが多かったのですが、それはトラウマを作る原因になってしまいます。

当院の小児歯科における大切にしている考え

小さいときの歯を削られた経験がトラウマになっている大人はたくさんいます。先ほどご説明したように無理矢理治療をしても、お子様が歯科医院嫌いになってしまいます。

乳歯は生え代わる歯です。その時まで保たれればいいし、その後、白い歯が生えてきます。

大切なのは、その白い永久歯が虫歯にならず、健康なまま生えてくることです。

ですので、トラウマを残さずに、かつ健康な永久歯が生えるためには、どのような治療が大切か、どこまで治療することが必要かなどを慎重に検討し、治療を行っていくことを大切にしています。

PageTOP

スタッフ紹介

女性の先生も在籍!

わくわくメンバー紹介

初めてのお子様へ

治療の流れをご案内します。

楽しい歯医者の秘密

親子で楽しく、安心して通っていただくための取り組みをご紹介します!

まつの歯科