痛くない、怖くないを大切に

歯医者さんこわい!となるのは、治療の時の痛みが最も大きな原因

痛みによって歯医者さんに対して恐怖心を持ってしまうと、今後の治療の時にも困りますし、なにより大人になってからも歯医者に通わなくなって、どんどん歯が悪くなってしまうことにつながります。

100%痛くない処置というのは、症状によってもその子によっても異なるので難しいのですが、「痛くない」治療がお子様の将来を守る!という想いから、当院ではできる限りの様々な工夫を行っています。

その結果、ほとんどのお子様が泣かずに治療を終えたり、「痛くなかった!」と笑顔で治療を受けています。

1.声かけは、いつも優しく丁寧に

子供の場合には、特に「怖い!」という心理状態から過敏に痛みを感じてしまうことがあります。 まずは、リラックスして落ち着いてもらうためにも、こまめに優しく声かけをします。 時には、好きなアニメの話などをして、緊張を解いたりもします。

2.塗るタイプの麻酔で安心です

処置中には、麻酔をかけるので痛みはありませんが、注射のチクッとした痛みも、お子様にとっては恐怖です。 この痛みがなくなるように、針を刺す前に塗るタイプの表面麻酔を行います。無味無臭なので嫌がらず、身体にも害はないので安心です。

3.注射をすることが分からないように

いくら表面麻酔をしても、「注射をされる!」と思うと、怖くて仕方がなくなってしまいますよね。 そのため、麻酔注射が必要なときには、注射器が見えないようにしたり、目を閉じてもらったりします。 なるべく注射をされることも、したことも分からないままに治療を進めていきます。

4.超極細の針を使用します

表面麻酔以外にも、針の痛みを軽減するために、超極細の針を使用しています。 鍼治療と同様に、細い針なのでほとんど痛みを感じません。表面麻酔も行っているので、部位にもよりますが、ほぼ完全に痛みがない場合がほとんどです。

5.電動注射器の使用で痛くない麻酔処置

針を刺すとき以外に痛いのが、麻酔液を注入するときです。一定の速度で注入しないと、痛みが出てしまいます。 電動注射器という専用の機器を使うことで、コンピューター制御で一定の速度の注入を行っていますので、注入時にもいたくありません。

6.事前のお母さんからのヒアリング

お子様によって、急に声を出されるのが怖いとか、大きな音が怖いといったように、恐怖心を抱くポイントが異なります。 最初にお母さんからヒアリングをさせていただくので、もしご要望があればおっしゃって下さい。最大限注意を行って治療を進めていきます。

PageTOP

スタッフ紹介

女性の先生も在籍!

わくわくメンバー紹介

初めてのお子様へ

治療の流れをご案内します。

楽しい歯医者の秘密

親子で楽しく、安心して通っていただくための取り組みをご紹介します!

まつの歯科