子供の頃から、どうして予防が必要?

「どうせ生え替わるのに、予防が必要なの?」
「乳歯はむし歯になっても、治せばいいじゃない」


そんな声を聞くことがありますが、もしそう思っていらっしゃる方がいたら、ぜひお読み下さい!

むし歯は健康な永久歯の障害に!

実は、乳歯には噛むという役割のほかにも、永久歯がきちんと生える場所を確保するという大切な役割があります。

ところが、乳歯がむし歯によってなくなってしまったら、その役割を果たせなくなって、健康な永久歯が生えてこなくなってしまうのです。

甘いもの大好き!でも歯みがきは苦手!

子供はどうしても甘いものが好きなので、ただでさえむし歯になりやすい状況です。

しかも、当然ですが大人ほどうまく磨けないですし、お母さんが仕上げ磨きをしても、ほとんどの場合には不十分です。(大人でも、多くの方が自分の歯をしっかり磨けていません)

たとえ、しっかりと磨いていたとしても、磨き残しを100%なくすのは不可能に近く、しかも歯磨きでは落ちない汚れは絶対に付着してしまいます。

ですので、大人も子供も、定期的にクリーニングを受けることがとても大切なのです。

子供はむし歯の早期発見が特に重要!

乳歯のむし歯には特徴が2つあります。

1つは、進行が早いこと。

大人のむし歯の場合には、初期の虫歯から神経まで到達して痛みが出るまでは数年ほどかかることがほとんどです。

しかし、乳歯の場合にはたった数ヶ月で神経まで届いてしまうことがあります。ですので、早めに見つけてあげないと、あっという間に驚くほど大きなむし歯になってしまうのです。

当然、大きなむし歯は痛みが強くなるので、お子様も苦痛が大きいですね。


2つめには自覚症状を察知しにくい場合があることです。

大人と違い、少し歯がしみたとしても「むし歯かな?」「歯医者に行かなきゃ」と思わないことがほとんどです。年齢が低ければ低いほど、その傾向にあるのは当然ですね。

そのため、ある程度むし歯が進むまでは発見できないことが多いのです。

見た目では分からないむし歯もあります

これは大人でも子供でも一緒ですが、口の中を覗いただけでは、一見してむし歯だとは分からないものです。

ですので、歯科医院ではむし歯が隠れていないかどうかを調べるために、レントゲン検査や、ミラーを使った検査を行うのです。

しかも、初期の虫歯はとても小さいため、非常に発見しづらいのです。

ですので、毎日お母さんがお口の中をチェックしていても、気がついたときにはむし歯が進行していた!ということが多いのです。


このように、乳歯には危険がいっぱいです!早めのむし歯発見、そしてむし歯予防のために定期検診へ通うことをお勧めします!

PageTOP

スタッフ紹介

女性の先生も在籍!

わくわくメンバー紹介

初めてのお子様へ

治療の流れをご案内します。

楽しい歯医者の秘密

親子で楽しく、安心して通っていただくための取り組みをご紹介します!

まつの歯科